頂き物のお返しやマナー!

スポンサーリンク

はじめまして。
しげちゃんねるです(。・ω・。)

 

頂き物といってもお歳暮やその場でもらうものなどいろいろありますよね。その時の対応などをまとめてみました(=゚ω゚)ノ

 

f:id:shigechannel:20190110211544p:plain

 

お中元やお歳暮を頂いたら

お中元やお歳暮にお返しはしなくても大丈夫ですが、贈られてきたら、すぐにお礼状を出すことは必要です。毎回儀礼的に贈られてくる場合でも、きちんと出すようにしなければいけないそうです。

 

また
自分が贈っていない相手から贈られてきた場合、すぐに同じように贈るのは失礼にあたり、場合によってはお中元やお歳暮を断る意味にもなってしまうそうです。こちらからも贈るべき相手の場合は、時期をずらして『暑中御見舞』や『御年賀』として贈るといいそうです。

 

 

お中元やお歳暮を断りたいとき

贈られた理由がわからなかったり、仕事や立場上、受け取らないほうがいい場合は、配達時に受け取りを拒否するか、いったん受け取って、すぐに返送するのがいいそうです。

 

返送するときは、絶対に包みはあけないようにし、『受け取る理由がないこと』や『今後ともそのような気遣いは無用であること』を書いた手紙を添えます。

 

カドが立たないように断りたい場合や、儀礼的に贈られてくるのを断りたいと思うときは、贈られてきたものと同程度の品物を贈ります。そしてお礼状にはお礼の言葉とともに『今後は、このようなお気遣いはなさらないように、お願い申し上げます』とやんわりと断りの言葉を書くといいそうです。

 

 

届いた品物が壊れていたら

届いた品物が壊れていたり、傷んでいたりした場合は、まずは配送業者や配送元の店に問い合わせます。品物の破損を申し出ると、同じ商品もしくは等価の商品と取り替えるなどの処置をしてくれると思います。

 

先方に伝えるかどうかは、身内やごく親しい相手であれば、さりげなく伝えてもいいですが、基本的には相手を恐縮させないためにも伏せておいたほうが無難と言えます。

 

 

直接頂いた場合

お祝いなどを直接いただいた場合、親しい相手であればその場で開けて喜びを素直に表すのがいいですが、本来は『お心遣いありがとうございます』などの一言を言って上座に置きます。

 

また
欧米ではプレゼントはその場で開けるのがマナーなんだそうです(=゚ω゚)ノ

 

 

おすそ分けの場合

おすそ分けには、おいしいものや珍しいものなど『福』を分けるという意味が込められています。堅苦しい考えは必要なくそのまま受け取ればいいそうです。次に会ったときなどに『おいしかったです』などと伝えることは必要です。

 

また、おすそ分けの器を返すときに『お移り』といって、ちょっとしたものを添える習慣もあるそうです(=゚ω゚)ノ

 

 

まとめ 

頂き物をした際は、仲の良さや仕事の立場でもお返しの仕方が変わってきます。また、返すタイミングもすごく大事で早すぎても遅すぎてもダメなようなので💦

 

お返しはしなくてもいい場合がありますけど、お礼は確実に相手に伝えないといけないですね(・ω・`)

 

 

最後まで読んでくれて
ありがとうございます(๑˃̵ᴗ˂̵)✨