贈り物の基本とマナー!

スポンサーリンク

はじめまして。
しげちゃんねるです(。・ω・。)

 

日常のおつきあいでなどで
贈り物をする時ってありますよね!?


『お祝い事』
『季節の挨拶』
『感謝の気持ち』

など様々です(=゚ω゚)ノ

 

送る時に気をつけること
などをまとめてみました!

f:id:shigechannel:20190110140321j:plain

 

 

お祝いや贈り物の基本

世の中には義理や習慣での贈り物もありますが、大事なのは『ありがとう』『おめでとう』『お元気ですか』といった相手に対しての思いやりの気持ちです。

 

贈り物をする時は、贈る側だけの自己満足にならないことも大事で、高価なものや自分の好みのものなど、相手のことを考えずに品物を選ぶとせっかくの気持ちも伝わりにくくなってしまいます。

 

品物を選ぶ時は、相手の好みや年齢、家族構成、 住んでいる場所を考えることが大事です。また一人暮らしの人に、早く食べないといけない賞味期限の短いものや、お酒を飲まない人にお酒を贈ってしまうと迷惑になりかねないので注意する必要があります。

 

 

慶事には奇数、弔事には偶数

七五三などの祝い事には奇数が多く使われています。これは中国からきたもので、奇数は『陽』でおめでたい数字とされています。これに対して偶数は『陰』となり、陽の当たらない数字とされています。

 

なので贈り物をするときにも、『慶事には奇数』、『弔事には偶数』というしきたりなったそうです。

 

ただし例外もあり、偶数の中でも『八』は、末広がりで縁起が良いとされていて慶事にも使われるそうです。逆に『四』と『九』は『死』と『苦』につながるため、贈り物には避けたほうがいいと言われています。これらは日本独自のしきたりになると思います。

 

また
目上の人に下着など直接身に付けるものや、履き物(踏みつけるという意味がある)などを贈るのは失礼とされているそうです。

 

 

配送するときに気をつけること

 送り状を出す

配送の場合は品物を送りっぱなしにせず、『いつ』『何を』『何のために』送ったかを、はっきり書いた手紙やはがきを品物が届く前に出すことが大事です。

 

生鮮品の場合

生鮮品の場合は期日指定サービスを利用し、相手が確実に在宅していると思われる日時にして、送り状にもそれを書き添えましょう。

 

また親しい間柄であれば送る前に電話で都合を聞いてから配送する方がいいと思います。

 

 

内祝いとお返し 

 内祝いは、『結婚』『出産』『七五三』など、喜び事があったときに、その喜び事をともに喜んでもらいたいということから、親しい人に配るものです。

 

内祝いは祝ってもらった人の名前で贈るしきたりで、出産であれば赤ちゃんの名前をかけ紙に書いて、お披露目する意味もあります。結婚であれば夫婦連名が新しい性を、のし紙に書きます。

 

しかし
今では頂いたお祝いへのお返しとして内祝いを利用することが多くなっているそうです。またお返しという言葉を使うのは失礼にあたるため、内祝いに添えるお礼状などにも、お返しという言葉は書かないように気をつけなければいけないです。

 

 

さいごに 

マナーやしきたりをちゃんと覚えたりするのは大変です。知っていることに越したことはないと思いますけど、わざわざ覚えるよりもその都度調べてから贈る方が効率がいいのかもしれませんね(⌒-⌒; )

 

それに
昔ほどしきたりやマナーを気にしている方は多くないと思います。
贈る相手にもよりますけど💦

 

でも最低限のマナーを知っておくことは必要だと思いますし、知らずに相手が不快な気持ちになってしまってはどちらも得はしませんので(´・_・`)

 

贈るときはちゃんと調べて送りましょうということですね✨

f:id:shigechannel:20190110140318j:plain

 

 

 最後まで読んでくれて
ありがとうございます(๑˃̵ᴗ˂̵)✨